杉並区阿佐ヶ谷・アセルカイロ カイロプラクティック

  • 中央線 阿佐ヶ谷駅より徒歩5分、丸の内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩6分
  • 受付時間 月~金10:00~14:00 15:20~20:00、土日10:00~17:00、定休日 水曜・祝日
  • 03-3220-7768
    ご予約について

健康コラム

症状は実は親切者だった?!2017-06-15

アセルのパンフレット10ページに「症状は親切者」について書かれています
なんで親切者?
と思いますよね

凝り・痛み・しびれなどの症状は不快ですから
すぐにでも消し去りたいのは誰もが思うことです

症状を少しでも早くなくしたいですし
負担のかからない状態に修正する必要があるわけです

そして症状から解放されて良かった!もうこれで大丈夫!と笑顔になられます

 

でもケガでもない限りそのような症状のほとんどは
今までの体の扱い方による負担が限界になった体からの合図です

辛くてお越しになる方のほとんどは何かしらの症状がありますから
楽になれば目的は達成されるわけですが
痛みやしびれの症状が出た一番の原因は実はほとんどの場合、皆さん自身にあります

 

確かに歪みによって起こる筋肉の硬さや
神経圧迫は歪みを整えてあげれば楽になります。

でもそれで満足してしまうと
また症状が同じ所か違うところに数週間後か数か月後か数年後か数十年後に現れます

改善してまた悪くなってまた改善させてを繰り返すと
実はだんだん改善しにくくなります

 

原因を見直して予防を意識した
健康管理をする方と、しない方では将来必ず大きな差となります

少し話の方向がズレてしまいましたが・・・(苦笑)

症状の原因を見直すことが大切なポイントです

「症状は親切者」というのは症状は嫌なものですが
このままの体の使い方ではいずれ、寝れないぐらい痛みやしびれが出るかもしれない

〇歩くことが困難になるかもしれない

〇症状でうつっぽくなるかもしれない

〇車椅子生活になるかもしれない

〇仕事を辞めなくてはいけないかもしれない

これ大げさではなく、実際にそのようになってしまう方もいるんです

将来起きるかもしれない大変なことを回避するために
あなた自身に教えてくれている症状として捉えたら
とても親切者ではないですか?

 

日々生活の中でまったく負担のかからない生活は無理だと思いますので
専門家にメンテナンスしてもらいながら
少し生活を改めるだけで現在進行形(20歳以上の方)で進んでいる老化を
痛みに悩まされない人生で過ごして頂けます

 

私がおすすめする症状への捉え方としては
痛みしびれを邪魔者として排除することだけを思うのではなく

同時に将来の最悪な状態を回避できるチャンスをもらった、気付かせてもらった
さらに言うと、「感謝」することです

症状に対して
こう想うのは違和感感じるかもしれませんが
この考え方自信をもっておすすめできます

 

症状が出たことを一つの分岐点と考え
不調になった姿勢などの生活習慣を改めることが出来てはじめて
不調に振り回されない人生を歩んでいけます

 

ご予約についてはこちらまで

健康コラム

症状は実は親切者だった?!

アセルのパンフレット10ページに「症状は親切者」について書かれています
なんで親切者?
と思いますよね

凝り・痛み・しびれなどの症状は不快ですから
すぐにでも消し去りたいのは誰もが思うことです

症状を少しでも早くなくしたいですし
負担のかからない状態に修正する必要があるわけです

そして症状から解放されて良かった!もうこれで大丈夫!と笑顔になられます

 

でもケガでもない限りそのような症状のほとんどは
今までの体の扱い方による負担が限界になった体からの合図です

辛くてお越しになる方のほとんどは何かしらの症状がありますから
楽になれば目的は達成されるわけですが
痛みやしびれの症状が出た一番の原因は実はほとんどの場合、皆さん自身にあります

 

確かに歪みによって起こる筋肉の硬さや
神経圧迫は歪みを整えてあげれば楽になります。

でもそれで満足してしまうと
また症状が同じ所か違うところに数週間後か数か月後か数年後か数十年後に現れます

改善してまた悪くなってまた改善させてを繰り返すと
実はだんだん改善しにくくなります

 

原因を見直して予防を意識した
健康管理をする方と、しない方では将来必ず大きな差となります

少し話の方向がズレてしまいましたが・・・(苦笑)

症状の原因を見直すことが大切なポイントです

「症状は親切者」というのは症状は嫌なものですが
このままの体の使い方ではいずれ、寝れないぐらい痛みやしびれが出るかもしれない

〇歩くことが困難になるかもしれない

〇症状でうつっぽくなるかもしれない

〇車椅子生活になるかもしれない

〇仕事を辞めなくてはいけないかもしれない

これ大げさではなく、実際にそのようになってしまう方もいるんです

将来起きるかもしれない大変なことを回避するために
あなた自身に教えてくれている症状として捉えたら
とても親切者ではないですか?

 

日々生活の中でまったく負担のかからない生活は無理だと思いますので
専門家にメンテナンスしてもらいながら
少し生活を改めるだけで現在進行形(20歳以上の方)で進んでいる老化を
痛みに悩まされない人生で過ごして頂けます

 

私がおすすめする症状への捉え方としては
痛みしびれを邪魔者として排除することだけを思うのではなく

同時に将来の最悪な状態を回避できるチャンスをもらった、気付かせてもらった
さらに言うと、「感謝」することです

症状に対して
こう想うのは違和感感じるかもしれませんが
この考え方自信をもっておすすめできます

 

症状が出たことを一つの分岐点と考え
不調になった姿勢などの生活習慣を改めることが出来てはじめて
不調に振り回されない人生を歩んでいけます

 

ご予約についてはこちらまで